Prophecy/Tokyo Metallize

速弾きは時代を映す鏡だ。

ヘビーメタルの歴史を紐解き、その時代がどんな色合いのシーンだったのかをイメージする際、僕はギタリスト達の顔ぶれを思い浮かべる。インペリテリ、ポール・ギルバート、マイケル・アンジェロ、ジョン・ペトルーシなどなど、時代時代それぞれのニーズに答えるべく、本当に幅広いジャンルのギタリスト達が出現している。

今回紹介するトーキョー・メタライズの出発点は2005年、ギタリストのEJがオーストラリア留学中にジェフ・ヴェーダーと出会った事が発端である。彼らは同じ大学の学生寮で日がなギターをかき鳴らし曲を描いて過ごし、これが後にHARD WIRED CANDYとしてサーファーズパラダイス界隈をに賑わすムーブメントへと発展していく。

時は流れて2020年、EJとジェフは再びインターネットを通じて曲を共作し始める。途中COVID-19でジェフの住むロンドンはロックダウンされカオティックな狂気が街の日常を静かに侵食していく状況の中、彼らを支えたのは共に作り上げた様々な楽曲達だった。サイケデリックな日々の中でメタリックな鋼のシャワーの如く音を紡いでいく、そのサウンド作りの工程が当時のその東京やロンドンの熱気を連想させたため、バンドはTOKYO METALLIZEと名付けられている。

彼らのデビューシングルとして突如ベールを脱いだ楽曲「Prophecy」はロックダウンの実体験であり、その場その場の体験全てが時代を逆流してその時代の現場現場へと我々を運んで行ってくれる。

現代の作品づくりらしくフィジカルな盤の製作は伴わずSoundCloud上で静かに公開された同曲はネット空間内に湯気が立ち込めるかのような存在感に満ちている。2020年、ロックダウン下のロンドンで深い霧が立ち込め、そこからジェフが姿を現した幻想の追体験である。
これこそがTOKYO METALLIZEの切り拓く新世界だ!と声をあげたくなる瞬間である。

ギター演奏動画の撮り方

巣篭もりが続いた2020年。バンドやセッション活動はかなり制限されてしまった。しかしその反面、曲作りはかなり進んだ一年だった。アルバム一枚相当のマテリアルがアレンジも含めてほぼ完全に出来あがったのだ。結構難易度の高いギターフレーズが多く、すぐには完成度が高い演奏を録音できない楽曲も多いので2021年は練習の記録としての意味も込めて演奏動画を定期的にアップして行こうと思っている。

上記のような動画作成の目的からあまり手間をかけないということが重要だ。飽くまで自然体で日々楽器・音楽と向き合っている姿を記録するため作曲、録音をしている環境そのままで演奏動画を作成するフローを考えた。ここではその手法を紹介したいと思う。ロックを愛する全てのミュージシャンに取って何かの参考になればこれ以上嬉しいことはない。

録画に使用するのはMacOSに標準で付いているQuickTime Player。このソフトは映像、音声の入力ソースを比較的自由に選べる。ポイントはMac上で動かしているDAWの音声データを動画に使う設定。僕はDAWはLogic Pro Xを使っているのだが今から紹介する手順は他のDAWでも多分大丈夫だ。

Logicの音をQuickTime Playerに送るためにはBlackholeというフリーウェアを使う。以下のリンクからソフトをダウンロード。インストールするとLogic Pro Xからの出力音を遅延なしでQuickTime Playerに送ることが出来る。インストールしたらLogic Pro Xの環境設定>オーディオ>出力デバイスのところに「(BlackHole 16ch)」という選択肢が出てくるのでそれを選択する。そしてQuickTime Player側ではファイル>新規ムービー収録を選択したら録画画面が表示されるので赤い録画ボタンの右側にある小さな矢印を押す。するとカメラとマイクの入力ソースを選べるメニューが出てくるので先程Logic Pro X側で設定した(BlackHole 16ch)をマイクのソースとして選択する。するとLogic Pro X側の音声データがリアルタイムで録音出来るようになる。

http://existential.audio/blackhole/

この状態で普通に動画を撮ることも出来るのだが、Macbookのカメラは画質がイマイチなので、iPhoneのカメラをWebcamとして使うことにする。キャプチャーボードなどを作っているelgato社のwebsiteで iPhoneをMacやPCのWebcamとして使用出来るソフトが公開されているのでそれをダウンロードする。

https://www.elgato.com/ja/epoccam

ドライバをmacにインストールし、iPhone側でもアプリをインストールするとiPhoneをMacの外付けwebcamとして使用することが可能だ。MacとiPhoneが同じWifiネットワーク上にあれば無線でも使えるという点も超便利だ。ドライバをインストールしてiPhone側でアプリを立ち上げるとiPhoneがWebカメラとして認識される。この状態でQuickTime Playerの設定画面を開きEPOCをカメラの入力ソースとして選択する。

この状態にするとLogic Pro Xで録音をしている様子をそのまま動画にすることが出来る。ただ中々一発でOKテイクを出すのは難しいので当面はNG動画ばかりが連発されるかもしれないがそれもまた作品完成に至るまでのドラマだ。そう思って全てを楽しんでこそ音楽、ロックというものじゃないか。

何がM-1だ!(Appleの話)

いや、知ってはいたのだ…。

年内にAppleが自社製チップを搭載したMacシリーズを出すことは。

しかし、だ。

まさかここまでの完成度でいきなり出してくるとは予想出来なかった。まともに動くのは数少ないApple純正アプリだけで、第一世代は一部のアーリーアダプターマに向けた「とりあえず出したよ」的な位置づけの製品だろうな、と予想していたのだがこの予想は見事までに裏切られた。

この想定外のM-1チップの完成度に僕は冒頭の逆ギレ的な感想を抱くに至る。特に8月にIntelチップ搭載のMacBook Pro 13″を購入してしまった身としては。実際世に出たM-1の実力を見るとIntel Macを後5年使って行こうという気には正直なり難い。Appleめ、こんなもの出しやがって(涙)。後は実際使ってみたらMacbook Pro 13″の筐体がやっぱり使い辛いということもあり僕は断腸の思い出MBP 13″十の別れを決心した。13″Proが使い辛いと感じたのは主に次の3点。

  • 家から持ち出さない前提でも軽さは正義
  • MBA Proはキーボード面の端タイピング時に痛い
  • Touch barが予想通りあんまり使い道無い

そして何より音楽制作中心だとそこまでCPU性能は高い必要がない…と。そんな訳で当面MBA 11″にメイン機を戻しつつタイミングを見てAppleシリコン搭載のAirへと移行する計画のブルーブループリントが僕の脳内で完成したのだった。