α6400 unboxing

www.youtube.com/watch I was so excited when I bought this camera that I did a unboxing video. It’s very compact and light compared to α7 that it makes you wanna carry it out more and shoot frequently. It’s looking really nice and I can’t wait to test it’s auto focus speed in a real life environment.

MojaveにアップデートしたらGaragebandが使えなくなった件

レコーディングのメインマシンとして使用しているMacBook Air(mid 2012)のOSをMojaveにアップデートしたら旧にオーディオインターフェースからギター信号を認識出来なくなったぞ。 これはバグか?と思ったら「システム環境設定」から「セキュリティ&プライバシー」>「プライバシー」の順に進むと「下のアプリケーションにマイクへのアクセスを許可」というタブで「Garageband」のにチッェックを入れたところ無事問題解決。 しかし何故初期設定でここのチェックが外れてるかな….?

V-DrumsでGaragebandへドラムのMIDI録音

V-Drumsを使ってgaragebandにドラムのMIDI録音を行ったのだが想像以上に便利だったので簡単にやり方を紹介したい。 手順は簡単でV-Drumの音源モジュールにあるMIDI端子とMacをUSB-MIDI変換ケーブルで接続する。 後はドライバーをインストールしてGaragebandにV-Drumを認識させれば録音準備完了だ。 いざやってみると心配していたレイテンシーも殆ど発生せずガイドトラックを流しながらのリアルタイム演奏がすんなりできた。 自分の演奏スキルが至らないせいでMIDI録音したデータにはクオンタイズをかける訳だがクオンタイズをかけても演奏の強弱(ヴェロシティ)情報はそのまま残るため思った以上に人間っぽいニュアンスが残る。 後から例えばクラッシュの音をチャイナに置き換えたりという編集も出来るためV-Drumのパッドが少なくても大がかりなキットで叩いたかのようにオーケストレーションすることも出来る。 他の楽器との音の馴染み具合をみて後からドラムの音色を自由に変更出来る。 MIDIなのでノイズの心配なし。(スタジオの空調の音を拾ったりしない) ...などと想定外に良いことだらけでもはや生ドラムで録音しようというモチベーションが全くなくなってしまった。 唯一問題なのがV-Drumのハイハットペダルの操作が何故かGaragebandに認識されないことでハイハット系は全部後から打ち込み直す必要があった。 これに関してはおそらく割り振られているMIDIチャンネルの設定の問題だと思うので解決できたらまた更新したい。

ドラムスティックがいい感じに収納できるビジネスリュック

ノートパソコンとドラムスティックなどが良い感じで収納できてビジネスの場に持ち出しても違和感のない(かと言って固すぎない)リュックをずっと探していたのだがとうとうファイナルアンサーに遂に遭遇したかもしれない。 それはノースフェイスのシャトルデイパック(スリムタイプ)。 あまりにも定番なので無意識の内に避けていたような気もするがやはり売れてるものには理由があると買ってみて納得。 ここ数ヶ月ずっと新しいリュックを探していて色々な物を店頭で実際に手にとって見て検討していたのだが、Macbook Air11″、ACアダプタ、バンドスコア+αの書類、チューナーやミュートジェル、ドラムスティックなどが収納できてあまり大き過ぎないもの、という条件で探していたのだがこのシャトルデイパックはドラムスティックが収納スペースの隅に上手く刺ささるので外の収納物にぶつからないという絶大なメリットがある。毎日気軽にスティックが持ち運べるのに収納スペースが絶妙に別れているので普段はスティックを入れていることを忘れるほどだ。 ...上手く説明出来ないので写真を見て欲しい。 ドラムスティックが収まる縦長の形状は実は加重分散にも役に立っていて今まで使っていたNOMADIKの背の低いリュックよりも背負ったときの腰への負担が少ない。 しかも、なんとこの薄さで自立までするというバランスの良さ。

Skip to toolbar