ギター演奏動画の撮り方

巣篭もりが続いた2020年はバンドやセッション活動がかなり制限されてしまった反面、曲作りはかなり進んだ一年でアルバム一枚分位の曲のアレンジがほぼ全部出来あがった。結構難しいフレーズが多くてすぐには良い感じに録音できないものも多いので2021年は練習の記録という意味も込めて演奏動画を定期的にアップして行こうと思う。

動画を作るのはそういう目的なのであまり手間暇かけずにやりたい。飽くまで自然体で日々楽器・音楽と向き合っている姿を記録したいので作曲、録音をしている環境でそのまま手軽に演奏動画を作成する方法を考えた。ここではその方法をご紹介したいと思う。何かの参考になれば幸いだ。

録画に使用するのはMacOSに標準で付いているQuickTime Player。このソフトは映像、音声の入力ソースを比較的自由に選べる。ポイントはMac上で動かしているDAWの音声データを動画に使う設定。僕はDAWはLogic Pro Xを使っているのだが今から紹介する手順は他のDAWでも多分大丈夫だ。Logicの音をQuickTime Playerに送るためにはBlackholeというフリーウェアを使う。以下のリンクからソフトをダウンロード。インストールするとLogic Pro Xからの出力音を遅延なしでQuickTime Playerに送ることが出来る。インストールしたらLogic Pro Xの環境設定>オーディオ>出力デバイスのところに「(BlackHole 16ch)」という選択肢が出てくるのでそれを選択する。そしてQuickTime Player側ではファイル>新規ムービー収録を選択したら録画画面が表示されるので赤い録画ボタンの右側にある小さな矢印を押す。するとカメラとマイクの入力ソースを選べるメニューが出てくるので先程Logic Pro X側で設定した(BlackHole 16ch)をマイクのソースとして選択する。するとLogic Pro X側の音声データがリアルタイムで録音出来るようになる。

http://existential.audio/blackhole/

この状態で普通に動画を撮ることも出来るのだが、Macbookのカメラは画質がイマイチなので、iPhoneのカメラをWebcamとして使うことにする。キャプチャーボードなどを作っているelgato社のwebsiteで iPhoneをMacやPCのWebcamとして使用出来るソフトが公開されているのでそれをダウンロードする。

https://www.elgato.com/ja/epoccam

ドライバをmacにインストールし、iPhone側でもアプリをインストールするとiPhoneをMacの外付けwebcamとして使用することが可能だ。MacとiPhoneが同じWifiネットワーク上にあれば無線でも使えるという点も超便利だ。ドライバをインストールしてiPhone側でアプリを立ち上げるとiPhoneがWebカメラとして認識される。この状態でQuickTime Playerの設定画面を開きEPOCをカメラの入力ソースとして選択する。

この状態にするとLogic Pro Xで録音をしている様子をそのまま動画にすることが出来るのだ。ただ中々一発でOKテイクを出すのは難しいので当面はNG動画ばかりが連発されるかもしれないがそれもまた作品完成に至るまでのドラマだと思えば楽しめるのではないだろうか。

MacBook Pro 13-inch,2020レビュー

10年ぶり位でMacを新調しました。

ジャジャーン。

こういうこと書くと「信者」と揶揄されるであろうことは百も承知だが、ハードウェアとして実に美しい…

Logic Pro使用時の録音レイテンシー問題を乗り越えられなかったMacbook Air 2012から設定を移行しこれから録音をするところ。

録音以外で色々と使った感想としてはまず画面が綺麗、キーボードが打ちやすい、散々ディスっていたタッチバーは予想通りそこまで便利ではないがそこまで不満もない、といった所。後、内蔵スピーカーの音質は前評判通り素晴らしい。総じていうと今の所90点位の満足度。

足りない10点は何かというと、買う前から判ってる話ばかりだが、SDカードスロットやUSB-Aなどレガシーインターフェースがざっくりがっつり削られてしまっているところでHUBを買えば済む話ではあるんだが、今後本当にUSB-Cってそこまで普及するのかねぇ…という一抹の不安がある。

最低でも5年は使うと思うけど後5年でUSB-Cが世のデファクトになってる感じがあんまりしない。普及しない元凶はAppleにあるような気がしていて、そんなのUSB-C推すなら早くiPhoneやAirpodsもUSB-Cにしろよ、と思いつつ実際そうなったら結構困るなと思ったりして一人で煩悶してしまい、レガシー問題は実に根が深い、ということを再認識。

それ以外は大変満足していて、実際キーボードの打ち心地がなかなか良いためにこうして久々に長文のブログを更新しているわけで、入力デバイスの使い心地は生産性に直結することを改めて感じるなぁ。

生産している文章が社会的に何か意味があるものなのか、というのはまぁさておいて。

Logic Pro Xで録音が遅れる件(Macbook Air mid2012)

近頃プロジェクトの録音環境がGaragebandからLogic Proへ移行した。そもそもWindowsユーザーだったジェフをそそのかしてMacに移行してもらったのだが、Macbook Proを手に入れた彼は勢い余ってGaragebandからLogic Proに移行しようと言い始めたのだ。

操作が面倒そうだし、そこまで高度な編集機能が必要なプロジェクトでもないと思っていたのでGaragebandで十分と思っていたのだがボーカルトラックの処理機能やギターアンプなどのラインナップもLogic Proの方が充実しているらしい。

しかも最終的にミックスダウンした際の音質も良いということなので、そこまで良い事づくめらなら、と使ってみることにした。

一見操作が面倒そうに見えるが実際に触ってみるとGaragebandと大差なく、確かに音質もGaragebandよりも良い気がするのでこれは良いね、と使っていたのだが楽曲ファイルのトラック数が増えてくるとギターの録音時に音の遅れが発生するという困った現象に見舞われるようになってきた。色々設定をいじっても治らないのでOSのクリーンインストールも試してみたが治らない。(副次的に一部のキーボードが反応しないという別の問題が治ったのは非常にラッキーだったが)

症状としてはLogic Proでトラック数が10程度を超えたファイルでギターを録音すると必ず数百msオーダーで録音がずれるので一旦Garagebandでギターを別録りしてからLogic Proファイルとして開き直しギタートラックを目的のファイルにコピペするという大変手のかかる回避手段でなんとかしているが御察しの通り非常に生産性が落ちる。

現在使っているのはMacBook Air(11-inch,Mid 2012)でCPUをIntel Core i7にアップグレードしてはいるものの最新のPro系アプリを動かすのは辛いのかなぁ、と思い2010年頃のMacBook Proを使っている友人に同様の問題がないか聞いてみたがLogic Proバリバリ使い倒していて問題ないということで、年式ではなくProとAirの差なのかなぁ・・・と思ってみたり。

Logic Proで録音が遅れる以外は問題なく使えるのでなんとか解決方法を見つけたいと思うがどうしても治らない場合は新型買うしかないか…。