MacBook Pro 13-inch,2020レビュー

10年ぶり位でMacを新調しました。

ジャジャーン。

こういうこと書くと「信者」と揶揄されるであろうことは百も承知だが、ハードウェアとして実に美しい…

Logic Pro使用時の録音レイテンシー問題を乗り越えられなかったMacbook Air 2012から設定を移行しこれから録音をするところ。

録音以外で色々と使った感想としてはまず画面が綺麗、キーボードが打ちやすい、散々ディスっていたタッチバーは予想通りそこまで便利ではないがそこまで不満もない、といった所。後、内蔵スピーカーの音質は前評判通り素晴らしい。総じていうと今の所90点位の満足度。

足りない10点は何かというと、買う前から判ってる話ばかりだが、SDカードスロットやUSB-Aなどレガシーインターフェースがざっくりがっつり削られてしまっているところでHUBを買えば済む話ではあるんだが、今後本当にUSB-Cってそこまで普及するのかねぇ…という一抹の不安がある。

最低でも5年は使うと思うけど後5年でUSB-Cが世のデファクトになってる感じがあんまりしない。普及しない元凶はAppleにあるような気がしていて、そんなのUSB-C推すなら早くiPhoneやAirpodsもUSB-Cにしろよ、と思いつつ実際そうなったら結構困るなと思ったりして一人で煩悶してしまい、レガシー問題は実に根が深い、ということを再認識。

それ以外は大変満足していて、実際キーボードの打ち心地がなかなか良いためにこうして久々に長文のブログを更新しているわけで、入力デバイスの使い心地は生産性に直結することを改めて感じるなぁ。

生産している文章が社会的に何か意味があるものなのか、というのはまぁさておいて。

Logic Pro Xで録音が遅れる件(Macbook Air mid2012)

近頃プロジェクトの録音環境がGaragebandからLogic Proへ移行した。そもそもWindowsユーザーだったジェフをそそのかしてMacに移行してもらったのだが、Macbook Proを手に入れた彼は勢い余ってGaragebandからLogic Proに移行しようと言い始めたのだ。

操作が面倒そうだし、そこまで高度な編集機能が必要なプロジェクトでもないと思っていたのでGaragebandで十分と思っていたのだがボーカルトラックの処理機能やギターアンプなどのラインナップもLogic Proの方が充実しているらしい。

しかも最終的にミックスダウンした際の音質も良いということなので、そこまで良い事づくめらなら、と使ってみることにした。

一見操作が面倒そうに見えるが実際に触ってみるとGaragebandと大差なく、確かに音質もGaragebandよりも良い気がするのでこれは良いね、と使っていたのだが楽曲ファイルのトラック数が増えてくるとギターの録音時に音の遅れが発生するという困った現象に見舞われるようになってきた。色々設定をいじっても治らないのでOSのクリーンインストールも試してみたが治らない。(副次的に一部のキーボードが反応しないという別の問題が治ったのは非常にラッキーだったが)

症状としてはLogic Proでトラック数が10程度を超えたファイルでギターを録音すると必ず数百msオーダーで録音がずれるので一旦Garagebandでギターを別録りしてからLogic Proファイルとして開き直しギタートラックを目的のファイルにコピペするという大変手のかかる回避手段でなんとかしているが御察しの通り非常に生産性が落ちる。

現在使っているのはMacBook Air(11-inch,Mid 2012)でCPUをIntel Core i7にアップグレードしてはいるものの最新のPro系アプリを動かすのは辛いのかなぁ、と思い2010年頃のMacBook Proを使っている友人に同様の問題がないか聞いてみたがLogic Proバリバリ使い倒していて問題ないということで、年式ではなくProとAirの差なのかなぁ・・・と思ってみたり。

Logic Proで録音が遅れる以外は問題なく使えるのでなんとか解決方法を見つけたいと思うがどうしても治らない場合は新型買うしかないか…。

Goodbye Filip

2018年から約1年間、Filipをベーシストに迎えGeoffと三人体制で作品を創ってきた。
最初にレコーディングしてくれたCould it beは彼のベースが入って一気にバンドっぽいサウンドに仕上がった。
遠く離れたスウェーデンに住む彼との共同作業が形になったのは非常に興奮する体験だった。

残念なことに4月の下旬にFilipからプロジェクトを離脱したいという連絡があり、彼はバンドを去ることになった。
理由は目指す音楽性の違い。

Fiiipはもともとファンクやポップが好きなベーシストで比較的オールドスクールなロックンロールの
Could it beは気に入って貰えたがその次に録音した”Stand and Fignt”はツインギターでダブルベースの
かなりメタル色が強い楽曲で、ちょうどこの時期Geoffがどんどんメタルに傾倒していたことから音楽的方向性
に乖離が生じてしまったのだろう。

結果的にFilipと録音した楽曲は”Could it be”,”Stand and Fight”の2曲。
Stand and Fightにおいてもスティーブハリス的な生き生きとしたベースプレイで貢献してくれていただけに非常に残念だ。

abovedaworldはよりフレキシブルな活動のため、各パート毎に複数のプレイヤーを擁して好きな時に好きな形で参加して貰えば構わないと思っていたので
気に入らない曲は別のベーシストに弾いてもらって、好みの楽曲だけ参加して貰うという形でも全然構わなかったのだが、そこら辺のコンセプトを伝える前に
お別れになってしまった非常に残念だ。

しばらくはよりモダンでメタル色の強い曲を作っていくことになると思うがロックっぽい曲が出来たらまた改めて声をかけてみようかと思っている。

そんなFilipと一緒に完成させた曲はこちら。

Could It be
https://soundcloud.com/abovedaworld/coulditbe
GaragebandからSoundcloudにダイレクトに楽曲をアップする機能がついていることを知り試しでアップしたG C G Dの単純な3コードのストロークから発展していった曲。
ブリッジがEm Am C Dで最後のサビはGaragebandの転調機能を使って1音上げているので実際には弾けないボイシングのコードストロークになっている。
Filipが動きのあるベースラインを付けてくれたことで一気に楽曲に深みが出て感動したことを覚えている。彼のベースラインなしでは成立し得なかった曲。

Stand and Fight
https://soundcloud.com/abovedaworld/standandfight
Geoffのリフとサビのアイディアを整える形で進んでいった曲。非常によくあるIron Maiden的なツインリードのオールドスクールなヘビーメタル。
もう少しモダンさが欲しかったのだがそれはまたこれからの楽曲で追求していこうと思う。
Filipもこの曲までは録音を楽しんでくれていたと思うのだが、この後に共有し2,3の楽曲のデモにあまりモチベーションが感じられなかったようだ。