bluetoothイヤホンClarity HDレビュー

iPhone7。もう滅茶苦茶便利です。何がってSUICA対応。

待望のSUICA対応をしたことで日本国内での優位性をますます決定的にしたんじゃないだろうか。

その一方では伝統的なイヤホンジャックが廃止されてしまって不便なんじゃ?という声もあります。確かにそれは俺も思ったんだが、今のところ意外にバッテリーが持つので付属のLightningジャックのイヤホンでも特段不自由は感じていない。(充電しながら音楽を聴きたい、という状況があまりない)。とは言えやはり混んだ電車の中等での取り回しを考えると無線が良いな、と思いBluetoothイヤホンを物色。アキバのヨドバシカメラで色々視聴させて頂いた結果Monster というメーカーのClarity HDを購入。

なんで素直にAppleのAirPodsにしないかというとやはり見た目の問題が大きい。高機能なのは判るんだが電動歯ブラシの先っちょのような外観がなんとも大きなマイナスポイント。Apple純正品に関してはデザインの改善されるであろう第二世代或いはその他のW1チップ搭載機種が出てくるまで待つこととした。

それまではこのClarity HDでしのぐことにした。数あるBluetoothイヤホンの中で当機を気に入ったのは比較的ロックに向いている高低音の強調されたエッジの効いたサウンド、シンプルかつコンパクトな見た目、密閉型インイヤ式なのでドラムを叩く際にメトロノームを聞くためのイヤホンとしても重宝すること、等の理由。総合的に見て中々優秀なのだ。

Leave a comment

Skip to toolbar