アイアンメイデン来日2016

IMG_8930

世界最大級のメタルバンド8年ぶりに来日!

2016年4月、世界最大級の成功を収めたHeavy Metalバンドが実に8年ぶりにここ日本の地に降り立った。そう、IRON MAIDENである。
ヴォーカリストのブルース・ディケンソン自らが機長として自前のジェット旅客機”Ed Force One”を操り世界をツアーするという驚愕のオペレーションで展開される彼らのワールドツアーはまさにワールドクラスだ。
そんな偉大なバンドが来日するというのになんと日本はオリンピックに向けてあちこち改装中で確保出来た箱が両国国技館二日間のみという事態が発生したそうだ。

両国国技館のキャパは約1万人前後。スケール的にはちょっと小さい武道館という感じ。IRON MAIDENの観客動員力ならキャパ約5倍の東京ドームを満席にすることもおそらく余裕だった筈で必然的にチケットの抽選はかなりの高倍率となりました。しかしチケットを手にすることが出来たファンにとっては至近距離で彼らのパフォーマンスを堪能することが出来るまたとない好機でした。

さて両国国技館と言えば相撲の聖地でもあるわけですが、その土地柄に合わせて「アイアンメイデン」「ラウドパーク」等ののぼりが立っているのもまたいとおかし。相撲の聖地でヘビーメタルというだけでもギャップが面白いのだがその上今回は土足厳禁の枡席での鑑賞。裸足でメタルのコンサートは初体験だったが結果的には足が疲れなくて結構快適でした。音響も割と良くライブを鑑賞する空間としては東京ドームなんかより全然快適。これは嬉しい誤算でした。

メイデンのぼり

ほぼ定刻通りに場内が暗転しUFOの”DOCTOR DOCTOR”がかかると会場のヴォルテージは一気に上がる。
開演1曲目は新譜の曲順通りに”If Eternity Should Fail”から。今回一抹の不安を覚えていたのが直前まで咽喉のガンを患っていたというブルース・ディキンソンの歌唱だったのだが全く問題ない。凄い回復力だ。歌唱だけでなくステージを所狭しと駆け回るパフォーマンスも健在、普段からしっかりとフィジカルも管理しているであろうことが窺い知れる。まさにプロフェッショナル。

2曲目”Speed of Light”はブリッジのギターのハモりがどことなく祭囃子を想起させ国技館にピッタリ。そして新作から2曲やった後に披露された3曲”Children of the Damned”。これは個人的に今回の公演の序盤のクライマックスでこの曲でのブルースの壮絶な歌唱に圧倒される。声量や音程という次元を超越して人の魂に訴えかけてくる素晴らしい表現力。この一曲だけでも来た価値があった!と感じさせる圧巻のパフォーマンスだった。

その後”Tears of a Clown”を挟んで新譜で一番のキャッチーな”The Red and the Black”が演奏されると想定通り会場にはオーオーと合唱が巻き起こる。曲自体は大盛り上がりだったがイントロとアウトロはベースソロで若干スティーブ・ハリスの音が聴こえづらいな、と感じた。PAの問題なのかも知れないが今回はリズム隊の方がちょっと元気がないように感じた。
…などと考えていたらここで”The Trooper”が始まる。彼らの代表曲中の代表曲の一つでもあり当然ながら会場は興奮のピークに。やっぱりこの時期の楽曲は素晴らしい。エイドリアン、デイブ、ヤニックのトリプルギターも強力でこうした曲でもギターパートの音が薄くならない。ヤニック・ガーズの自由過ぎる動きからは弾いてない箇所があることも推察されるがそれでもやはり3人いることでアンサンブルに厚みが出ている。ただライブで見るとやっぱりメイデンの看板ギタリストはエイドリアン・スミスとデーブ・マーレーだなと感じる。ヤニック・ガーズも上手いんだけどこの二人のギターソロには素晴らしいメロディーがある。中でもエイドリアンスミスのギターワークは改めて素晴らしかった。いわゆる速弾きテクニックみたいなのが物凄いあるわけじゃないんだけどそんなものは要らないんだって感じさせる素晴らしい”音楽”。エイドリアン・スミスみたいなギタリストになりたい、と思った。

ブルースの超レアなマゲヅラ姿。
ブルースの超レアなマゲヅラ姿。

ドラえもんチックなイントロから始まる3連の”Death or Glory”では若干テンションが下がってブルースがやたら気に入っている風だった猿のポーズも「流行るのかなぁ?」と懐疑的な感想を持ってしまったのだがその後”Hallowed Be Thy Name”で再びブルースの歌唱にノックアウトされる。歌だけじゃなくここまでブルース・ディキンソンはステージ狭しと飛び回ったりチョンマゲのカツラをかぶってコミカルな一面を見せてみたりと全く年齢を感じさせてない素晴らしいパフォーマンスを見せてくれていたのだがこの曲で再び彼の素晴らしい歌に涙することになる。しかもこの後”Fear of the Dark””Iron Maiden”と書く時代の名曲のオンパレードで正に大熱狂の中本編が終了した。

程なくして会場の大声援に応え”Number of the Beast”が演奏される。ここでは巨大なエディーの頭部がステージ後方から迫り出して来た。このような舞台演出もあり視覚的にも飽きさせない。例えて言えばテーマパークのアトラクションのようなエンターテインメント性がある。

アンコール2曲目の”Blood Brothers”前にはブルースが「Iron Maidenのファン達はみんなBlood Brothersだ」みたいなことを言っていてこれまた感動。
そしてアンコール最後の”Wasted Year”。個人的に大好きな”Somewhere in Time”からの名曲でライブで聴く興奮にアドレナリン大放出。あまりに観客が盛り上がっていてひょっとしたらもう一回位アンコールでやってくれるんじゃないかって期待したが残念なことにその夢は叶わず伝説の来日公演は終了。

セットリストは以下の通り。()内の数字は個人的な盛り上がり度を5点満点で表現したもの。新作もだいぶ予習して行ったんのだがやはりこうやって振り返ってみると過去の名曲の方がテンション上がったんだなという感じ。生涯で聴き込んだ回数が違うのでこれは仕方がない。
総じて言えば演奏自体も素晴らしかったし会場の音響、規模も非常に良かった。ステージの演出も巨大エディーが登場したり細かい背景転換があったりで良くできたアトラクションを見ているからのような高いエンターテイメント性があるイベントだった。次はいつになるか分からないメイデン来日公演。今回この伝説を目撃できた事は実に幸せだった。

ちなみに物販コーナーでお洒落なメイデングッズを探したのだが公式ではそんなものがある筈もなく濃すぎるデザインのグッズばかりだったのでスルー。

If Eternity Should Fail(3)
Speed of Light(4)
Children of the Damned(5)
Tears of a Clown(3)
The Red and the Black(4)
The Trooper(5)
Powerslave(4)
Death or Glory(3)
The Book of Souls(4)
Hallowed Be Thy Name(5)
Fear of the Dark(4)
Iron Maiden(5)
アンコール:
The Number of the Beast(4)
Blood Brothers(5)
Wasted Years(5)

abrAsusの薄い財布レビュー【カードが落ちる問題の解決方法】

少し前から気になっていたabrAsusの薄い財布を購入しました。
開封してまだ二日目ですが…これは良い!
(写真下:左が今回購入した”薄い財布”)
image
こちらの財布はガジェット好きの間では既にかなり有名な財布でその魅力については各所で結構語り尽くされている感じもしますが非常に気に入ったので自分なりの感想を書いておきたいと思います。

さてこの財布が気に入るかどうかは薄さを追求したが故に15枚しか入らない小銭入れ、6枚しか入らないカード入れが許容出来るかどうかの2点に掛かっているのですがこれらの仕様に関しては理解した上で買っているので全く問題と感じませんでした。むしろ逆に如何に普段要らないカードを大量に持ち歩いていたかという事を逆に再確認できました。
個人的に便利だと思ったのが札入れの背面にある「鍵入れ」とされているスペースにカードが一枚収納できることです。ここにSUICA等の磁気カードを入れておくと他のカードと干渉せずなかなか使い勝手が良い。
一般的な二つ折りの財布の場合はまず畳んでいるのを開いて更に札入れを開いて中を確認する、という2挙動が必要になるのに対してこちらの財布は開けば即お札の顔が見え、スピーディーに財布の中身の全容を把握できます。ぱっと見も非常にスッキリして良い。

また事前に色々見て唯一懸念していた「入れてるカードの枚数が少ないと横からカードが落ちていくる問題」の解決方法も発見しました。

image
薄い財布はカード収納口の開口部にカバーがない上複数枚を纏めて1ポケットに保持する仕様なので想定されている5,6枚のカードを収納していればあまり問題がないが皮が緩んできたりカード枚数が少ない場合には側面からカードが落っこちる、という問題がネット上で散見されました。しかしこれは購入した初日に自分なりの対策が見つけました。
それはこうやって…
三角の折り目でカードに蓋

札入押さえ用と言われている三角の部分を財布を畳む際にカードケースの上に差し込んでしまえば…


カードの脱落もほぼ完全に防止することが出来ます。
どういう訳か非常に多くの人がこの薄い財布に関して語っていながらこの対策に関しての記述は見た記憶がないのであるいはこの方法を発見したのは自分が初めてかもしれません。

この問題が解決できたので今の所自分にとっては限りなく完璧に近い財布と言って良いです。
まだ二日しか使ってませんが例えば尻ポケットに入れたまま車を運転しても厚みが気にならない(厚い財布だと邪魔なので一々取り出してダッシュボードに置いとかないと腰が痛くなる)とかそもそも尻ポケットがないジャージとかでも前ポケットに収納可能だとかとにかくいつでも持ち歩くのに非常にストレスが少ない。やはり財布を常に携帯する派としては薄さは正義です。

最後に買ってみないと中々判らない製品としての質感に関して。これも中々良かったです。今回は迷った末オロビアンコとのコラボモデルのオレンジを購入しましたが皮の質感も良く満足。あまりに気に入ったので色違いでもう2、3個買いたいとすら感じる程。

…とまぁそんな訳でかなり気に入っている。しばらく使い込んでみて違った感想が出てきたらまた追記してみようと思います。

SUPER CLASSIC本社に行った話はこちら
英語でも薄い財布のレビューをしてみた。

Addicted to that rush

昨年末、高校時代のバンド仲間と久々に集まる機会があり2016年はギター弾くぜ!と宣言したところ2016年末にみんなで掲題の曲を演ろうじゃないかという話になった。
Mr.Bigの代表曲の一つAddicted to that rush。高校生の頃は弾けなかったがせっかく再開するなら昔のレベルより一歩先のゴールを設定した方がやる気が出るというもの。
イマドキの若い子達にとってはAddicted to that rushなんて初心者レベルかも知れないが飽くまで自己ベスト更新を目指すというスタンスで。

目標を決めたのは良いが気がつけば何もしないまま2月も終わろうとしているではないか!忙しさにかまけているといつの間にか年末を迎えてしまいそうだ。ここらで自分にプレッシャーをかける意味で久々にブログを更新することにする。

さて自分は音感がないのでコピーと言えばまずバンドスコア。これがない事には何も始まらない。
…言ってて情けない。本当は音感があればそんなこと言ってないで耳コピすれば良いだけの話なのだが残念ながら自分にはほぼ音感が全然ないのでこれが悲しい現実。ただ「Amazonでスコアの購入ボタンをポチっただけでコピー完了したような気になってしまう症候群」ってのがありまして。成人病の一種ですがある目的の為にお金を払うと払っただけで達成感を覚えてしまうという。

あまりにもこの症候群による黒歴史が多いので今回は敢えてなるべくお金を使わないでコピーに挑もうと思う。
この曲は有名なのでyoutubeや海外のフリーでタブ譜サイトなんかにも情報が沢山ある。
イントロのポジションはこちらの動画を参考にして取り組もう。
 

これから徐々に進捗を記録して行こう!

keep rockin!俺。

Skip to toolbar