Working on Audacity and GarageBand

So we decided to write something together.

Alex will play drums in Canada, Dash Will sing and I will record Guitar.

A little issue here is that we work on different OS.

I use GarageBand for recording my guitar and Dash uses Audacity.

Eventually I will use GarageBand to finish up the mix process but meanwhile I need to find out a good way to collaborate with Dash’s Audacity.

So here is the routine I am planning.

  1. I will record Guitar with Drum Track (Guide) on GarageBand.

  2. Export the song to ACC and import that to Audacity.

  3. Share that Audacity file with Dash on GitHub.

  4. Dash will record vocal on Audacity file. Share that again on GitHub.

  5. I will export the vocal part and import that into GarageBand.

…This could work but would be way more easy if Dash also worked on GarageBand.( We can eliminate the export and import process).

オーストラリアにいた頃に一緒にバンドをやっていた仲間と何か創ってみよう、ということで曲作りを始めた。

楽器の分担としては俺がギターでロンドンにいるDashがヴォーカル、カナダのAlexがドラム。

全員Garagebandで作業してくれると楽なのだが残念なことに俺以外は全員WindowsでDashはAudacityを使ってているという。Audacityはフリー版もあるDAWで素晴らしいことにMac版もあるのでインストールしてみた。3人の中ではどうも俺が一番この手のソフトには慣れてそうなので共同作業の流れを考えてみる。

1.Garagebandにリフとガイドのドラムトラックを録音。

2.曲をステレオのオーディオファイルとして書き出しAudacityに読み込む。

3.ファイル共有サービスでAudacityのファイルを共有。

取り敢えずGitHubを選択。

4.ヴォーカルを足してもらう。

5.Audacityからヴォーカル等をエクスポートしてGaragebandに読み込む。

Leave a comment