衝撃のM-1チップ登場!

年内にAppleが自社製チップを搭載したMacシリーズを出すことは知ってはいた。

しかし…だ。

いきなりここまでの完成度とは思わなかった。第一世代は一部のアーリーアダプター向けで
どうせまともに動くのは少数のApple純正アプリだけだろう、と予想していた。
見事なまでに裏切られた。

8月にIntelチップ搭載のMacBook Pro 13″を購入してしまった身としては想定外のM-1チップの完成度に逆ギレ的な感想を抱く。M-1の実力を見るとIntel Macを後5年使って行こうという気には正直なり難い。Appleめ、こんなん出しやがって(涙)。
実際使ってみたMacbook Pro 13(intel版)”がやっぱり使い辛いこともあって泣く泣く買い替えることにした。ちなみにMacbook Pro 13″が使い辛いと感じたのは次の3点。

  • 思いの外重い…やはり軽さは正義
  • MBA Proは筐体の端がタイピング時に手に当たって痛い
  • Touch barの使い道が無い

そんな訳で売価差に涙しつつもMBP13″を売ってM-1搭載Macbook Airへと移行することにしたのである。
本当にもう少し待てば良かった…

コメントを残す