MacBook Pro 13-inch,2020レビュー

約10年ぶりにMacを新調した。

感動。まさにその一言に尽きる。

こういうことを書くと「信者」と揶揄されるであろうことは百も承知だが、ハードウェアとして実に美しい…

Logic Pro使用時の録音レイテンシー問題を乗り越えられなかったMacbook Air 2012から設定を移行しこれから新しいマシンでの録音体験に突入するところだ。

録音以外で色々と使った感想としてまず画面が綺麗、キーボードが打ちやすい、散々ディスっていたタッチバーは予想通りそこまで便利ではないがそこまで不満もない、といった所が挙げられる。内蔵スピーカーの音質は前評判通り素晴らしい。総じていうと今の所90点位の満足度だ。

では足りない10点は何かというと、SDカードスロットやUSB-Aなどレガシーインターフェースがざっくりがっつり削られてしまっているところだ。買う前から判ってる話ではあるし確かにUSBのHUBを購入すれば済む話ではあるのだが、今後USB-Cがそこまで普及するのか…という一抹の不安が拭えない。

今回のマシンは最低でも5年は使うと思うがその5年でUSB-Cが世のデファクトになってる未来がどうも見えてこない。普及しない元凶はAppleにあるような気がしていて、そんなのUSB-C推すなら早くiPhoneやAirpodsもUSB-Cにしろよ、と思いつつ実際そうなったら結構困るなと思ったりして一人で煩悶してしまい、レガシーインターフェースの問題は実に根が深い、ということを再認識した。人は何かを失う事なく新しく得ることはできないのだ。

それ以外は大変満足していて、実際キーボードの打ち心地が良いためにこうして久々に長文のブログを更新している。入力デバイスの使い心地は生産性に直結することをこうして改良されたキーボードを打っていると改めて感じる。

生産している文章が社会的に何か意味だったり価値だったりがあるものなのか、というのはまぁさておいて。

MBP13、とりあえず校長である。

コメントを残す