Tokyo Metal Club録音完了

ようやくTokyo Metal Clubのファーストアルバム、”Tokyo Metalize”のギタートラックの録音が全て終了した。あとはGoeffのギターパートを幾つか録音して外部のエンジニアに依頼したミックスが完了するのを待つのみだ。

外部のエンジニアに依頼する場合使用しているDAWが違うと結局DAWからSTEMと呼ばれる個別のWAVEファイルを書き出してミックスして貰うことになる。MIDIは先方の音源でミックスされるのでAddictive Drumsの音源を買ったのはあまり意味がなかった模様。

ともあれ3年近くGOEFFと一緒に書き溜めてきた楽曲がこうしてアルバムにまでまとまったのは感慨深く、せっかくなので一曲づつ振り返ってみよう。

1.Stand and Fight

確か二人で2番目くらいに書いた曲。最初はもう少しテンポが遅くてノーマルチューニングだったがジェフの声域に合わせて1音下げチューニングにしたのとテンポを少し上げたのが大きな変化点。アルバム1曲目なのでギターの見せ場を作ろうとリフの随所に低音弦での6連符マシンガンピッキングを入れたのだが完璧には弾ききれていない。イントロとアウトロはかなり良い感じだと思っている。

2.Prophecy

非常にコンパクトながらキャッチーなサビをもつ正統派ネオクラシカルナンバー。2019年の正月休みによくありそうなハーモニックマイナーのリフを何の気無しに録音したのだがジェフが非常にキャッチーなサビを考えてくれたので一気に名曲になった。ギターソロの前半があまりにもイングヴェイ過ぎるのでもう少し捻ろうと思ったのだが上手くいかず結局超古典的な3弦スウィープフレーズになった。ただ後半はハーモニックマイナーのコード進行に合わせたランフレーズがむしろカークハメットっぽくて気に入っている。

3.Could it be

この曲は二人で一番最初に書いた曲。Garagebandで適当に録音したコードストロークにジェフが歌を乗せて離れていても一緒に曲がかけるんだ、と気づかせてくれた記念碑的作品。コード進行や演奏はありきたりでジェフのメロディーが全てな曲だ。割と作り込んだギターソロが多い中、この曲だけは最後までちゃんとソロが構築できなくて時間切れの中適当にアドリブで弾いたテイクが使われている。それほど気に入ったテイクでもないのが悔やまれるところだが現時点でのスナップショットとしては良い記念かもしれない。

4.Devil in Detail

2020年に購入したSchecterの8弦ギターを使用。ただ結局8弦目は使い所が見出せず7弦のBを生かしたBmの楽曲でツインギターのハーモニーとLow Bのサウンドが他の曲と一線を画するモダンさを醸し出していると思う。

5.Will I Ever Get Home

これも比較的初期の曲。シンプルなコード進行だがコーラスのバックのツインリードとギターソロが非常に気に入っている。無駄なくコンパクトに纏っていてメロディーもキャッチーなので飽きずに何回も聴ける曲だ。本当は全曲この位シンプルにしたかった。

6.Betrayal

これもSchecterの7弦を活かしたBmのミドルテンポの楽曲。個人的にはOperation Mindcrimeの収録曲のような雰囲気と思っている。この曲のギターソロも割と作り込んだが後半のジェフの勢いに任せたアドリブのソロとの対比が面白いと思っている。この曲のアンニュイな雰囲気が非常に好きだ。

7.Sunny Day

こちらは比較的レイドバックしたブルーズロック。非常に良いのだが個人的には少し後半が長過ぎるのでは無いかと思っている。ただ歌詞を全部収めようとするとこの長さにならざるを得ないらしくキャッチーさを犠牲にしても作品性を重視した結果だ。

8.Tokyo Metalize

オレ達はメタルバンドだ、ということでAX7のようなバッドボーイ風な曲をと思い書いた曲。やはりローBがモダンな響きを演出するのに一役買っていると思う。非常に長いギターソロはアルバムの最後を惜しむという意味では悪く無いのだが、本来ここで被せようと思っていたアルペジオパターンが最後の最後にしか使われず弱冠残念。後半から一転してバラード調になる。聞き返してみるとこのアルバムにはロックバンドの定番であるバラードナンバーがないが強いていうならこの曲がその役割を担っているのかもしれない。ラストを飾るには相応しいソロとコーラスメロディだと思う。

以上8曲、ジェフがヴォーカルを録音したロンドンのスタジオで現在ミックスダウン中だ。並行してアルバムジャケットも製作を依頼中。全てが揃ったら近いうちにリリース出来る予定だ。自分がフルに作曲にコミットした作品としては1997年のPlasma以来。自分の好きなHR/HMを追求する、という意味で年齢相応にあの作品を超えるものを作ることが出来たと思う。

やはりこれをライブで演奏したい気持ちが大きくなってきた。

 

コメントを残す